病気その他の理由により、長期間授業に出席できない学生は、休学を願い出ることができます。また、病気などにより修学が適当でないと認められたときは、教授会の議を経て学長より休学を命じられる場合もあります。(多摩大学学則 第21条・第22条)

1.申請について

  1. 休学願をダウンロードまたは学生課窓口で受け取ります。
  2. 担当教員に相談し、指導を受けます。
    ※面談終了後、担当教員が署名・押印をします。
  3. 必要事項を明記し、証明書類(医師の診断書等)が必要な場合は用意します。
  4. 休学在籍料(各期:50,000円)を納入します。
  5. 多摩キャンパス学生課窓口に申請期限までに提出します。

2.申請期限

休学学期申請期限
2019年度春学期2019年7月10日(水)
2019年度秋学期2020年1月10日(金)

3.申請関係書類

提出書類備考
1.休学願ダウンロードまたは学生課窓口
2.休学在籍料納付済票面談終了後にお知らせします。
3.学生証提示のみ(郵送の場合はコピー)

4.休学在籍料

休学期間も学籍は継続するため、休学在籍料の納入が必要です。

学期休学在籍料
春学期50,000円
秋学期50,000円

振込先

担当教員との休学面談終了後にT-Next・メールで振込先をお知らせします。
学生課窓口にて振込用紙をお渡しすることも可能です。

5.提出先

多摩キャンパス学生課窓口(A棟1階 事務局)
平日 9:00〜17:00

やむを得ない理由で窓口に提出できない場合は郵送(簡易書留・必着)での郵送を認めます。以下の書類をダウンロードして印刷して利用してください。

6.休学の期間

  • 1期毎に願いを提出して許可を得なければなりません。
  • 2年間(4学期間)を超えて引き続き休学することはできません。
  • 通算して4年間(8学期間)を超えて休学することはできません。
  • 休学期間は、在学期間には算出されません。
  • 休学中も進級します(3年次から4年次の場合は進級要件によります)

7.教授会承認

  • 休学願を提出した日の直近の教授会にて審議します。教授会は各月中旬(8月、2月を除く)に開催します。
  • 承認後に「休学許可通知」を本人はT-NEXT、保証人には郵送で通知します。

8.復学について

  • 春学期休学の場合は8月初旬、秋学期休学の場合は2月初旬に復学の案内を発送します。
  • 休学期間満了に伴う復学は自動処理となるため手続きは不要です。

9.日本学生支援機構奨学金について

10.必要書類の提出にあたっての注意事項

  • 休学願は必ず本人・保証人それぞれ自著で記名の上、別々の押印をしてください。
  • 提出前にかならず担当教員の面談を実施して指導を受けてください。オフィスアワーについてはこちらをご覧ください。
    ※担当教員との面談が実施できない場合は学生課で面談を実施します。必ず事前に予約してください。
  • 提出書類に不備がある場合は受理しません。余裕を持って提出をしてください。
  • 前学期の学費が未納の場合は休学できません。

10.留意事項

  • 休学当該学期に履修した授業などはすべて取り消されます。
  • 休学期間は定期的にT-NEXTを確認の上、諸手続きを行ってください。
    ※1年次秋学期休学者はゼミ選択、学科選択を必ず行ってください。
  • 春学期は4月1日頃、秋学期は9月20日頃よりオリエンテーション・授業開始します。
  • 秋学期に復学した場合は授業料に加え、施設費、図書教材費、後援会年会費を納入する必要があります。
  • 許可通知は学籍に登録されている住所に送付します。引っ越しなどにより住所が変わっている場合は必ず住所変更手続きを行ってください。

お問い合わせ

多摩大学多摩キャンパス学生課(A棟1F 事務局内)
窓口時間 平日 8:50〜17:00 土曜 8:50〜12:30
電話:042-337-7114(ナビ2番)
メール:フォームでお問い合わせください。