高等教育の修学支援新制度に多摩大学が認定されました。
「大学等における修学の支援に関する法律」に基づき、本学が一定の要件を満たすことの認定が行われ、住民税非課税世帯、およびそれに準ずる世帯の学生(入学希望者含む)に授業料減免・奨学金給付をおこなうことができるようになりました。

支援を受けるためには、学生本人が説明会に参加し、申請が必要です。
必ず説明会に参加して手続きの方法・スケジュールを確認してください。
※説明会に参加しない方は申請・手続きができません。

高等教育の修学支援新制度のお知らせ

1.制度の概要

授業料・入学金の免除または減額と、給付型奨学金により、意欲ある学生のみなさんの「学び」を支援します。

支援開始時期

  • 2020(令和2)年4月1日〜

支援内容

  1. 授業料・入学金の免除または減額
  2. 給付型奨学金の支給

2.支援者の対象者・支援額

住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生
(既に大学等に在学してる学生も対象)

支援を受けられる年収の目安と支援額

基準を満たす世帯年収は家族構成等により異なります。支援の対象となるか、どれくらいの支援が受けられるか、日本学生支援機構のホームページで大まかに調べることができます。

申込みに係る要件

  • 日本国籍、法定特別永住者、永住者等又は永住の意思が認められる定住者であること。
  • 高等学校等を卒業してから2年の間までに大学等に入学を認められ、進学した者であって、過去において本制度の支援措置を受けたことがないこと。
  • 保有する資産が一定の水準を超えていないこと(申告による)。

学業などに係る要件

支援措置の目的は、支援を受けた学生が大学等でしっかり学んだ上で、社会で自立し、活躍できるようになることです。
明確な進路意識と強い学びの意欲や進学後の十分な学修状況をしっかりと見極めた上で学生に対して支援を行います。

3.手続きの方法・スケジュール

支援を受けるためには、学生本人が大学説明会に参加し、申請が必要です。
必ず説明会に参加して手続きの方法・スケジュールを確認してください。
※説明会に参加しない方は申請・手続きができません。
※文部科学省、日本学生支援機構や他大学に掲載されている日程と異なる場合がありますので注意して下さい。

説明会スケジュール

<在学予約>
2019年10月末 説明会実施(2019年度のみ)
<在学採用>
2020年4月 説明会実施予定
※在学予約に間に合わない場合も在学採用に申請することにより2020年春学期の申請が可能です。

支援を受けるにあたって大切なこと

支援を受けるにあたっては、大学等でしっかりと授業へ出席し、勉強することが求められます。
成績が悪かったり、授業にあまり出席しなかった場合は、支援を打ち切られたり、場合によっては、返還が必要になることもあるので、注意が必要です。

支援打ち切りの基準

  • 退学・停学(無期限又は3か月以上の者に限る)の処分を受けた場合
  • 修業年限で卒業できないことが確定した場合
  • 修得単位数が標準の5割以下の場合
  • 出席率が5割以下など学修意欲が著しく低いと大学等が判断した場合
  • 連続して次の警告を受けた場合

次のいずれかに該当する場合には、支援は継続しますが、学業成績の向上に努力するよう指導する「警告」を行います。なお、連続して警告を受けた場合にも打切りとなります。

「警告」の基準

  • 修得単位数が標準の6割以下の場合
  • GPA(平均成績)等が下位4分の1の場合(斟酌すべきやむを得ない事情がある場合を除く)
  • 出席率が8割以下など学修意欲が低いと大学等が判断した場合

なお、次に該当する場合には、支援が打切りとなった上で、返還(授業料等の減免の場合は授業料等の徴収)が必要となります。

返還が求められる場合

  • 学業成績が著しく不良な場合(災害・傷病等のやむを得ない事由がある場合は除く)
  • 大学等から退学・停学(無期限又は3か月以上の者に限る)の処分を受けた場合
  • 虚偽の申請など不正の手段により支援を受けた場合

Q&A

大学や自治体、民間団体などの奨学金を受ける場合も、新制度の支援を受けることができますか?
各大学等や自治体、民間団体等による支援と新制度を併用することについて、一律に制限されていません。
ただし、各支援事業の実施主体において、新制度との併用が制限される可能性がありますので、詳しくは各支援事業の実施主体に確認してください。
なお、他法令に基づき職業訓練として大学等に通学するための給付支援を受ける場合には給付型奨学金は支給されません。
支援を受けられるかどうかは、誰の年収により決まるのですか?
原則、本人と父母です。
父母がいない場合は、代わって生計を維持している者となります。
(「生計維持者について」(JASSOホームページ))
既に前年以前に支払った入学金・授業料も減免の対象となりますか?
減免の対象となりません。
JASSOの給付型奨学金を受けているのですが、今後どのような扱いになりますか?
在籍する学校を通じて新制度に申込み、要件を満たすことが確認された場合は、令和2年4月から、新制度の給付型奨学金に切り替えることができます。
※現在の奨学金は必ず継続手続きをしてください。
2020年4月入学予定者の手続きはどうしたらいいですか?
高校時の予約採用の方は入試課にご相談ください。その他の方は入学後4月上旬に実施予定の在学採用向け説明会に参加してください。

もっと詳しい情報について

お問い合わせ

多摩大学多摩キャンパス学生課(A棟1F 事務局内)
窓口時間 平日 8:50〜17:00 土曜 取り扱いしていません。
電話:042-337-7114(ナビ2番)
メール:フォームでお問い合わせください。