麻疹・風疹の感染について

春学期に入り、麻疹・風疹が流行する時期となりました。

麻疹・風疹はインフルエンザよりも感染力が非常に高く集団感染しやすい感染症です。
『麻疹・風疹の予防接種を1回しか接種していない学生もしくは1回も予防接種をしていない学生』は予防接種を受けるようにしてください。
※保健担当より、風疹・麻疹の予防接種が1回のみの学生、もしくは1回も接種していない学生に対しては、個別に予防接種をするよう連絡があります。

麻疹、風疹は以下のとおりです。
以下症状が少しでも出た場合は、保健室へ速やかにご連絡ください。

【麻疹】

(症状):38℃台の発熱、咳、喉の痛み、鼻水、めやに、目が赤くなる、体がだるい等の症状が4日間以上続く。その後、口内に白い斑点ができ、全身にも発疹が出始める。
(出席停止期間):解熱後3日を経過するまでは出席停止。原則、医師の指示を仰いでください。

【風疹】

(症状):発熱と同時に全身に発疹が現れる。熱は37℃前後であることも多い。
(出席停止期間):発疹が消失するまで出席停止。原則、医師の指示を仰いでください。

以上