第1章 総則

第1条 本会は、多摩大学経営情報学部学生会(以下「学生会」という。)と称する。

第2条 本会は、多摩大学経営情報学部に所属する学生を会員とし、これをもって組織する。但し、多摩大学学生懲戒規定により懲戒を受けている者については、懲戒期間中の会員資格を停止する。

第3条 本会は、多摩大学経営情報学部に所属するすべての学生の活動の発展や、地域に関する関わりを深め、その活動により多摩大学全体の活性化を目的とする。

第4条 本会は、本部を多摩大学多摩キャンパス内に置く。

第2章 役員

第5条 本会は、執行部機関として執行部を置く。執行部役員は、部長1名、副部長1名、書記1名、会計2名、学生会各委員会委員長で構成される。

第6条 部長は、会員による選挙により選出され、副部長、書記、会計はこれを部長が任命する。但し、各役員は会員の中から選ばなければならない。また、部長は各役員を任意に解任することができる。

第7条 執行部役員の分掌事項については、以下に代表される事項を行う。
(1)部長は、執行部役員の代表者であり、学生会の業務を統括する。
(2)副部長は、部長を補佐し、部長に有事の際は、その任務を代行する。
(3)書記は、総会その他に関する記録を執り、学生会に必要な書類を管理し、その他庶務一般を行う。
(4)会計は、学生会執行部の会計およびその他学生会に所属する各団体の会計監督、監査の責務を負う。
(5)体育会運営委員会委員長は、体育会部活動の一切を司る。
(6)サークル運営委員会委員長は、公認サークル、準公認サークルの活動に関する一切を司る。
(7)多摩祭実行委員会委員長は、多摩大学多摩祭の運営に関する一切を司る。

第8条 学生会執行部の顧問として、教授会学生委員長(以下、「学生委員長」という)および多摩キャンパス事務局学生課長(以下、「学生課長」という)を置く。

第9条 執行部役員の任期を2月1日から翌年1月31日までの1年とし、再任はこれを妨げない。

第10条 部長は、他学部の執行部との間に調整が生じた場合、多摩大学学生会会則に則りこれを執り行う。

第3章 選出

第11条 学生会執行部部長の選出は、会員の中から立候補を受け付け、会員の選挙投票によりこれを行う。

第12条 選挙においては、学生委員会が選挙管理を行い、原則として12月に告示をし、1月にこれを行う。

第13条 その他選挙に関する項目は、これを多摩大学経営情報学部学生会選挙規定に定め、その規定に則りこれを実施する。

第4章 退任

第14条 部長を除く執行部役員のいずれかに全会員の 3 分の 1 以上の不信任の署名が集められた場合は、臨時に総会を開催し総会の過半数の議決を経てこれを解任する。

第15条 部長に、全会員の 2分 1以上の不信任の署名が集められた場合は、臨時に総会を開催し 3分の 2以上の議決を経てこれを解任される。その場合は、以下の要項に則り手続きを行う。
(1)学生会執行部はこれを解散し、直ちに部長選出の選挙を行う。
(2)詳細事項は多摩大学経営情報学部学生会選挙規約に則りこれを行う。
(3)新執行部が選出されるまでの間、学生会の業務は旧執行部が執行する。
(4)再選における執行部役員の任期は、選出時点から次回の 1月 31日までとする。

第16条 部長を除く執行部役員のいずれかが辞表を提出した場合は、部長は学生会執行部会を開催し議を経てこれを受理する。

第17条 部長を除く執行部役員が欠員となった場合は、部長は直ちに当該役員の任命を行わなければならない。

第5章 機関

第18条 本会は、次の機関により構成される。
(1)学生会総会(以下、総会と称す)
(2)学生会執行部会(以下、執行部会と称す)
(3)その他必要に応じ、部長が招集するもの

第6章 総会

第19条 総会は、部長が招集する。議長並びに副議長及び書記は、総会の都度、これを部長が指名する。

第20条 総会は、原則として5月にこれを開催する。但し、次の場合は臨時総会を開催しなければならない。
(1)会長が必要と認めたとき。
(2)執行部役員の過半数の要請があるとき。
(3)全会員の3分の1以上の要請があるとき。
(4)第14条、第15条による執行部役員の解任要請があるとき。

第21条 総会は、執行部役員及び各委員会委員長、各公認サークル代表、各部活代表のうち、2分の1以上の出席を以て成立する。議決は、出席団体の過半数を必要とし、可否同数あるいはこれに類する場合は、議長がこれを決する。

第22条 本会会員は総会を聴講することができる。

第23条 次の事項は、総会の承認を経て原案とし、学生委員長の承認を得なければならない。
(1)執行部役員の不信任決議
(2)予算案・決算案の承認
(3)本会則の改定
(4)委員会の設立
(5)その他必要と認められる事項

第24条 その他総会に関する事項は、別に定める。

第7章 執行部会

第25条 執行部会は、部長がこれを招集する。議長は部長が、副議長は副部長が、書記は書記がそれぞれこれを担う。

第26条 執行部会は、原則として定期に毎月1回これを開催する。但し、次の場合は臨時執行部会を開催しなければならない。
(1)部長が必要を認めたとき。
(2)執行部役員の過半数の要請があるとき。
(3)第16条による執行部役員の解任の議を経るとき。

第27条 執行部会は、執行部役員全部の2分の1以上の出席あるいは執行部役員代理の委任を以て成立する。但し、執行部役員代理の委任は、事前に会長の承認を経なければならない。議決は、出席役員の過半数を必要とし、可否同数あるいはこれに類する場合は、議長がこれを決する。

第28条 その他執行部会に関する事項は、別に定める。

第8章 顧問

第29条 顧問は、執行部を監督し、学生会の運営に建設的な協力を行い、総会および執行部会に出席し、要請・指導する権限を有す。

第9章 組織

第30条 本会は、下部組織に以下の委員会を置く。
(1)学生生活向上委員会
(2)多摩祭実行委員会
(3)体育会運営委員会
(4)サークル運営委員会
(5)卒業アルバム作成委員会
(5)謝恩会運営委員会

第31条 本会は、必要に応じて委員会を置くことができる。新委員会設立においては総会の議を経て原案とし、学生委員長の承認を得なければならない。

第10章 会計

第32条 本会の会計年度は4月1日から翌年3月31日までとする。

第33条 本会の経費は、大学からの補助金の収入をもってこれに充てる。

第34条 各委員会は、半期ごとの決算報告書を上半期は10月第2木曜日、下半期は2月末までに執行部に提出しなければならない。また、翌年度、執行部は提出された各委員会の決算報告書をまとめ、総会において、報告公示しなければならない。

第35条 本会の予算は、一般会計、特別会計からなり、執行部が立案する。執行部会および総会で審議の上原案とし、学生委員長が決定する。

第36条 本会の会計監査は学生委員会がおこなう。

第37条 本会の会計に関する事項は、別に定める。

第11章 施設

第38条 執行部及び各委員会所属団体が大学施設を利用する際は事前に学生委員長に申請する。申請方法は別に定める。

第12章 罰則

第39条 多摩大学生として、学生会あるいは各団体の結束を著しく乱す者や反社会的行為、あるいは大学の名誉を著しく損なう行為等学生会として看過できない行為を行った者は、厳重注意または会員資格の停止、退会と処す。

第40条 その他、本細則適応範囲、または明らかに学生が対応可能な範囲を超える事態に    ついては、学生委員会に判断を求める。

第13章 改廃

第41条 本細則の改廃は、執行部会の上申に基づき、総会の3分の2以上の賛成を経て原案とし、学生委員長が行うものとする。

第14章 補則

第42条 本会の執行部および各委員会が組織されない場合、または活動が滞っていると学生委員会が認めた場合、その任務を学生委員会が代理する。

附則

この細則は、2013(平成25)年7月26日より施行する。

附則

この細則は、2019(令和元)年5月15日より施行する。