(目的)

第 1 条 この会則は、多摩大学(以下「本学」という)の学生の総意に基づき、本学の学生活動に係る各種団体を通じ、本学の発展、向上及び地域に貢献し、よりよい学園生活及び学生課の活動を行うため、多摩大学学生会(以下「学生会」という)を組織し、その必要な事項を定めることを目的とする。

(会員資格)

第 2 条 学生会の会員資格は、本学に学籍を持つ者とする。ただし、多摩大学学生懲戒規定により懲戒を受けている者については、懲戒期間中の会員資格を停止する。

(執行部)

第 3 条

  1. 学生会に最高決議機関として執行部を置く。ただし、執行部は、各学部単位で組織する。
  2. 執行部は、部長、副部長、書記、会計、学園祭実行委員長、サークル連合代表及び体育会代表を役員として構成する。
  3. 執行部の顧問に、本学の学生委員長及び学生課長を置く。
  4. 執行部役員の任期は、1年とし、再任を妨げない。
  5. 執行部役員の任用期間は、2月1日から1月31日までとする。ただし、会計期間は、4月1日から3月31日までとする。
  6. 執行部部長は、他学部の執行部との間に調整が生じた場合、各執行部部長の協議により、連絡会議を開催することができる。
  7. 連絡会議の議長は、各執行部部長の話し合いにより決する。

(選出)

第4条

  1. 執行部部長の選出については、会員の中から立候補を受付け、会員の選挙投票により選出する。
  2. 選挙投票においては、学生課が選挙管理を行う。
  3. 学生課は、12月に全会員に告知をし、1月中に選挙を行う。
  4. 執行部部長の選出は、全投票数の多数をもって決する。
  5. 執行部部長の立候補者が1名の場合は選挙を行わない。
  6. 執行部部長が選出され次第、会長は、会員の中から副会長、書記及び会計を指名する。

(執行部役員及び顧問の役割)

第 5 条  役員の分掌事項及び顧問の役割は、次の各号の一に該当する内容とする。

  1. 部長:本会を代表し、総括する。また顧問の要請を忠実に履行する義務を負う。
  2. 副部長:部長を補佐し、不在時又は委任があれば職務を代行する。
  3. 書記:執行部の議事を記録し、保存する。
  4. 会計:本学からの補助金を受領し、領収書を発行する。学生会に必要な経費を支出し、それらの会計書類を保管する。また、会員及び顧問の要請に応じ、それらを開示する。
  5. 各種団体代表:学生会の運営に協力する。
  6. 顧問:学生会の運営状態を常に留意し、随時執行部の会議等に出席する。

(学生会の運営)

第 6 条  学生会の運営は、執行部役員が前条の役割分担に従い次の各号の一に該当する内容を行う。

  1. 執行部の会議は、部長が招集し、通常月1回の定例会を開催する。ただし、役員の過半数の要請があ   れば部長は、臨時に会議を開催しなければならない。
  2. 執行部の会議の議事は、出席役員の過半数をもって決し、可否同数のときは部長が決する。
  3. 執行部の会議では、学生会の事業計画の承認を行う。
  4. 執行部の会議では、学生会に所属する各種団体より提出された予算を審議し、決算を承認する。
  5. 執行部で決議した事項は、ホームページ等により全会員に公表する。

(下部組織)

第 7 条

  1. 学生会は、下部組織として学園祭実行委員会、サークル連合(TCU及びSCU)及び体育会の他各   種団体等を設置することができる。
  2. 各種団体の設立の要件及び運営については、別途規程等を定める。

(会則の改廃)

第 8 条 この会則の改廃は、執行部出席役員の3分の2以上賛成をもって原案とし、学生委員会の議を経て、学生委員長が行う。

(附則)

この会則は、平成25年4月1日より施行する。